島根大学 総合理工学部 建築デザイン学科のホームページへようこそ!!

 
 

新着情報

新着情報
 
2019年 日本建築学会「優秀卒業論文賞」を受賞しました。
2019-07-11
2018年度に総合理工学部建築・生産設計工学科を卒業した 澁谷 和典 くん(細田・三島研究室出身)が2019年度日本建築学会「優秀卒業論文賞」を2019年7月に受賞しました(表彰式は9月3日金沢工業大学 扇が丘キャンパスにて実施)。
 
受賞論文のタイトルは
『住宅金融公庫融資第一号岡ビル百貨店の建設経緯と住熟しに関する考察 住宅金融公庫からみる戦後マーケットの変遷』
現在、澁谷くんは卒業研究でも指導支援を受けた大阪市立大学大学院生活科学研究科居住環境学講座・中野都市計画史研究室に進学し、引き続き研究を進めています。
 
以下、研究内容の概要をご紹介します。
 
 戦後日本の住宅政策は「公庫・公団・公営」を三本柱として進められたが、公庫は融資制度だったため研究知見の蓄積は少ない。本研究は最初期の公庫融資住宅として設計・建築された「岡ビル」を再発見した上で、①建設経緯と建築的特徴、②闇市の更新と周辺の都市計画との関係性、③実際の住まい方について多面的かつ精緻に明らかにしている。
 岡ビルは岡山市中心部に現存し、1階を商業マーケット、2階以上を住宅として1950年にRC造によって建設された。職住一体の集合住宅で、戦後の岡山駅周辺の闇市更新と共に都市住民にとって重要な日用品販売拠点であった。一方、近年は再開発の計画もあって今後数年で取り壊しの可能性も高く、本研究は戦後から現在までの状況を記録・考察する最後の機会でもあった。
 本研究では、まず、高山英華・川上秀光らの「岡山中心部の再開発計画」内での位置付けを検証し、岡ビルは再開発法制定以前の公庫融資による戦災復興・都市更新・不燃化のモデルであることを明らかにした。さらに、建設前後から現在までの全戸の履歴を整理することで店舗と住宅が多層的に一体化した状況を明らかにすると共に、実態調査ではユニークな住み熟しの実例も発見している。
 
オープンキャンパスの申し込み受付中です。
2019-07-11
 
Galleryの製図課題に作品を追加しました。
2019-06-04
 
Galleryの製図課題に作品を追加しました。
2019-05-31
 
【学科内連絡】卒論計画発表要旨集を公開しました。
2019-05-28
5月29日の卒業論文計画発会表要旨集を公開しました。
学生専用ページよりログインすれば閲覧可能です。
IDやパスワードは教員へ聞いてください。
 
※公開は5月30日までとします。
 
【学科内連絡】修論計画発表要旨集を公開しました。
2019-05-07
5月8日の修士論文計画発表要旨集を公開しました。
学生専用ページよりログインすれば閲覧可能です。
IDやパスワードは教員へ聞いてください。
 
新任の先生の歓迎会が開催されました。
2019-04-24
千代 章一郎 教授と小松 真吾 助教が着任されたのにともない歓迎会が開催されました。
 
3年次編入学試験の募集要項(2020)が発表されました。
2019-04-12
 
4月より千代 章一郎 教授が着任しました。
2019-04-01
 
スタッフ紹介に中村先生の研究室紹介を追加しました。
2019-03-28
<<島根大学 総合理工学部 建築デザイン学科>> 〒690-8504 島根県松江市西川津町1060

MAIL : info*kenchiku-seisan.jp (*を@に変えて下さい) TEL:0852-32-6189 FAX:0852-32-6123