島根大学 総合理工学部 建築デザイン学科のホームページへようこそ!!

 
  • HOME  > 
  • スライドショー(澤田研究室)
 

建築構造学(澤田研究室)

建築構造学(澤田研究室)
   
・島根大学建築デザイン学科のみなさん、建築学を志すすべてのみなさんへ
                                 島根大学建築デザイン学科 教授 澤田樹一郎
(建築耐震研究の紹介)
島根大学建築構造学(澤田)研究室では、主に大地震などの災害でも人々のいのちをまもり建物の被害を軽減するための建築構造に関する研究を行っています。1995年の兵庫県南部地震、2011年の東北地方太平洋沖地震、2016年の熊本地震、また、山陰では、2000年の鳥取県西部地震、2018年の島根県西部地震、この20数年の間に、我が国は、巨大地震が頻発し、尊い犠牲を強いられ、建築構造や耐震分野の研究の進展は、ここ島根・山陰地域においても日本社会全体にとっても喫緊の課題となっています。
本研究室では、大地震時の建物の被害を抑制するためのより安価でより高機能な制震部材の開発、実験と解析や建物の地震応答解析に関する研究を行っています。研究で必要な解析シミュレーションや実験計測のスキルは、3年次夏の研究室配属から半年ほどで責任を持って伝授します。このスキルを十二分に活用して、4年次にこの分野の研究を進展させ、耐震や建築構造を専門とする建築士や技術者、研究者を是非目指して下さい。
 
(コンピュータプログラミングを活用した建築意匠や建築構造のデザイン手法に関する研究の紹介)
建築デザインは、決断の連続です。木構造にするか、鉄骨構造にするか、どこにどのような居室を配置するか、すべては決断の連続です。多数の決断の結果できあがった設計案の良し悪しは、模型などを作成してみて、自己評価したり、他者からの評価を受けたりすることができますが、最近では、3D-CADによる評価も可能となりつつあります。また、光や熱環境、耐震、耐風性などは、コンピュータによるシミュレーション(解析)などで、おおむね評価可能となりつつあります。設計案の作成とシミュレーションを試行錯誤的に繰り返すことで、より良い設計に到達することができますが、人間の手による試行錯誤の繰り返し回数にも限界があります。ここで、設計の試行錯誤的な過程の一部にコンピュータプログラミングを使用すれば、数百回、数千回といった試行とシミュレーションも短時間のうちに可能であり、設計の省力化、さらに言えば、今まで人の発想では、創造し得なかった思いもよらないデザインの可能性もあるかもしれません。
本研究室では、コンピュータプログラミングを活用して、大地震でも材料が降伏せず弾性を常に保つような特殊なブレースの形状を開発したり、力学的に合理的で、経済的かつ、美しいトラス構造で、今までにないような新たなトラス形態の探索をしたりします。構造解析やコンピュータプログラミングのスキルは、3年次夏の研究室配属から半年ほどで責任を持って伝授します。このスキルを十二分に活用して、4年次にこの分野の研究を進展させ、建築構造やコンピュテーショナルデザインを専門とする建築士や技術者、研究者を是非目指して下さい。
<<島根大学 総合理工学部 建築デザイン学科>> 〒690-8504 島根県松江市西川津町1060 TEL:0852-32-6189 FAX:0852-32-6123